FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



名古屋コーチン

元・尾張藩藩士であった海部壮平・正秀さんご兄弟の手によって、明治初期に、
旧・東春日井郡池林村池之内(現在の愛知県小牧市池之内)で、誕生した名古屋コーチン。
中国産の「バフコーチン」(九斤)という名前の鶏と、元々現在の名古屋市辺りで飼育
されていた地鶏を交配させて作られた品種で、全日本家禽協会によって、
初の「国産実用鶏」として、1905年(明治38年)に認定されたそうであります。

その後1919年(大正8年)に、褐色レグホーン等の洋鶏の遺伝子を導入して改良
された品種が再固定されて、「名古屋種」と名付けられたが、
現在も「名古屋コーチン」という名前のままで流通しています。

250px-Nagoyasyu.jpg
ブロイラーの約3倍ほどのお値段で流通しております名古屋コーチン。
その高価なお値段ではありますが、赤みを帯びた肉質は火を入れますと、
適度に香りの良い脂肪があり、弾力性に冨み、こくのある味わいはやはり
素晴らしいなあと感じました。

CA41FXYD.jpg
今の時期に沖縄あたりで収穫されます冬瓜。
夏に採れるのになぜ冬瓜という名前なの?とお思いでしょうが、
CAQ8HV2G.jpg
今の時期に取れるこの冬瓜を丸ごと
冷暗所に保管しても、腐らずに
ほぼそのまま冬まで状態で維持できる
ということから、その名前がついた
そうであります。
原産国はジャワだそうで、日本には
平安時代に朝鮮半島より伝えられた
そうであります。
冬瓜の96%は水分だそうでして、
古来より、むくみを取ったり、
熱を下げたりする効果があるとされて
ビタミンCもかなり含有されていまして、
お肌のしみを防いでくれたり、夏ばての
予防にも効果があるそうであります。
CAA4ST7A.jpg
冬瓜を煮るときには、僕は必ず地鶏と一緒に
焚くことにしております。
鰹節と昆布で取ったお出汁に地鶏を合わせると、
かなりの旨みのあるお出汁になります。
個人的には夏の鱧の御椀に匹敵するほどの旨さで
はないかなあとも思います。
今回は名古屋コーチンの地鶏を使ってみましたが、
次回は狙っております徳島の阿波地鶏でやってみようと
思っております。どんなお味になるのか今から楽しみ
であります。←クリック

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/943-5351eee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)