FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



今シーズン最高でしょうか。大阪湾天然うなぎ。

大阪湾産天然うなぎ。800グラムサイズ。
噛み締めると迸る旨さ。
やはり鰻の季節はこれからでしょうか・・・。
CAFAJ9RQ.jpg
大阪湾の歴史を調べてみますと
淀川・大和川など多くの河川が栄養を運ぶほか明石海峡の海流の早さなどから身のしまった魚が多く獲れ、古くから沿岸漁業が盛んな地域であったそうでして。
瀬戸内海の東端に位置する淀川河口には、住吉津や難波津などの国際港が置かれ、シルクロードの日本の玄関口となり、遣隋使や遣唐使の出発地であり、また中国や朝鮮からの船を迎えて栄え、飛鳥・平城京・平安京へ水運でつながりさらに陸路で東日本へつながっていたそうであります。
また国が対外的に開かれた時は難波宮や難波京、福原京(計画)などの首都が置かれたとか。

平安時代末期には平清盛が大輪田泊(神戸港)を修築拡大して日宋貿易の拠点とした歴史がございます。

戦国時代にはいりますと、堺が外国貿易で繁栄、江戸時代には大坂や兵庫津などの港が繁栄して北前船・樽廻船・菱垣廻船などが経済の中心地となった大坂と全国とを結んだ地域となりました。


funekobel.jpg
大阪湾と言いますと、大阪や神戸周辺の湾岸は第二次大戦前からの工業地帯で永らく
日本最大の重工業集積地でありました。
そのため古くから大阪湾の環境が問題となっておりました。
近年の水質改善の努力でいくらかは良くなってきたとはいえ、
現在でも環境省の調査では推定で1平方キロメートル当たり約210キログラムものゴミが
沈んでいることがわかっているそうであります。

CAT2MLV7.jpg
しかしそういう水質があまり良くはない環境でありながら、鰻の生命力の強さなのか、
岡山県の児島湖も水質があまり良くない地域でありますが、結構いい鰻が獲れますし、
環境の悪さを物ともしない天然うなぎの生命力の凄さをまざまざと
こういうところでも感じます。
そしてまたその味が美味しい。

天然鮎のように、清流でなければ活きられない魚もいれば、
天然鰻のように、環境の悪さを物ともしない魚もいます。

うーーんいろいろありますね。←クリック

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/995-4c2f4c32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)